借金問題全般相談借金問題全般

借金問題に関するよくある相談(Q&A)

自分に適した債務整理の選び方を教えてください

自分に適した債務整理の選び方を教えてくださいの相談内容イメージ

債務整理の手続きには、それぞれにメリット・デメリットがあります。
自分に適した債務整理の手続きを見つけるためには、弁護士に相談するのが一番の近道です。借金問題に強い弁護士であれば、ご自身の状況に合わせたベストな債務整理の種類を提案することができます。

まずは任意整理を検討

最初に検討する債務整理の手続きは任意整理です。毎月の収入の中から家賃や食費、水道光熱費などの生活費を差し引いた金額(返済の原資となる金額)を使って、3年程度で返済可能であれば、任意整理が適しています。

任意整理は、対象となる債権者(金融機関など)を選ぶことができますので、保証人に迷惑をかけたくない場合、ローンの残っている自動車に乗り続けたい場合は、それらの借金を手続きの対象から除外できる任意整理がお勧めです。
また、家族や会社、周囲などに債務整理のことがバレにくいという特徴もあります。

しかし、任意整理は利息や遅延損害金などのカットを目指した長期分割の交渉を行いますが、元本を減額させることは困難です。
そのため、負債額が大きくて3年程度で返済できる見込みがなければ、自己破産の手続きを検討します。

多額の負債があれば自己破産を検討

自己破産は、税金などの支払いを除き、原則的に借金の支払義務が無くなります(借金が帳消しになります)。
「自己破産」と聞くと、ネガティブなイメージがありますが、法律によって認められた借金を整理する正当な手続きです。
一定以上の価値ある財産は手放すことになりますが、自己破産の手続きが終われば、その後に得た収入はすべて自分のものになりますので、生活の再建が可能です。

自己破産できない場合は個人再生を検討

自己破産では、自宅や自動車など一定以上の価値ある財産は手放すことになります。
また、警備員や保険外交員など一部の職種に就いている場合、破産手続きの期間中は仕事が続けられない(資格が制限される)などのデメリットがあります。
そのような場合、継続的な安定した収入が見込めるのであれば、個人再生(民事再生)の手続きをお勧めします。自宅に住み続けられますし、職業制限もありません。

なお、「任意整理と個再生のどちらを選べばよいか」という相談をいただくことがよくあります。というでは、利息や遅延損害金が減額交渉の対象となりますので、元本を減額するような大幅な減額は見込めません。
しかし、個人再生の場合、借金を5分の1~10分の1程度まで大幅に減額することができますので、多額の借金がある場合にお勧めです。

かんたん比較 債務整理の手続き

メリットデメリット
任意整理
  • 借金の減額や長期分割などにより返済負担が軽くなる
  • 対象となる債権者を選ぶことができる
  • 5年程度はクレジットカードやローンが組めなくなる
  • 借金の元金を減額することが難しい
自己破産
  • 原則的に借金の返済が免除される
  • 一定以上の価値ある財産(自宅や自動車など)はすべて処分しなければならない
  • 5年~10年程度はクレジットカードやローンが組めなくなる
  • 官報に掲載される
  • 借金の理由によっては免責許可が下りないことがごく稀にある
個人再生
  • 住宅を維持することができる
  • 借金を大幅に減額できる
  • 借金の理由が問われない(免責不許可事由がない)
  • 就労につき資格制限がない
  • 借金の返済義務それ自体は残る
  • 5年~10年程度はクレジットカードやローンが組めなくなる
  • 官報に掲載される

「借金問題全般」でよくある相談


閉じる

借金返済や債務整理に関する
弁護士とのご相談は 何度でも無料 です。